ビュールレ・コレクション 至上の印象派展

ビュールレ・コレクション 至上の印象派展

ビュールレ・コレクション 至上の印象派展

2018年06月13日
テーマ
スタッフの日常

事務の金城です。
先日、九州国立博物館にビュールレ・コレクション 至上の印象派展を見に行ってきました。
ピエール=オーギュスト・ルノワールの『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』と
クトード・モネの『睡蓮の池、緑の反映』は写真撮影できました☆
6070作品展示されており、その中には日本初公開の作品もあり、
フィンセント・ファン・ゴッホの自画像やポール・セザンヌなどもあり思わず見入ってしまいました。
人が多そうだったので朝一で行ったのですが、早く行っても多かったです(^_^;)
7/16まで展示されています☆





ブログ一覧へ戻る
同じテーマの記事