最新のお知らせ

年末年始休業日程のご案内
ご挨拶

年末年始休業日程のご案内

平素より格別のお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ではございますが、弊社では以下の期間を休業とさせていただきます。 ご不便をおかけいたしますが何卒宜しくお願い申し上げます。 年末年始休業期間 平成28年12月30日(金)~平成29年1月5日(木) 平成29年1月6日(金)より通常通り営業いたします。 2016年も残すところあとわずかとなりました。 本年もひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございます。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年の挨拶
ご挨拶

新年の挨拶

平成29年の新春を迎え、皆様におかれましては健やかに新年を迎えられたことと、心からお喜び申しあげます。さて、我が国は世界で最も長寿企業が多い国です。創業100年を超える日本企業は26,000社以上、創業200年を超える世界の企業約5,500社の内3,000社以上が日本企業なのです。ちなみに世界最古の企業は建設業を営む金剛組です。創業1500年。法隆寺を建てた会社だと言われています。なぜ我が国には創業100年を超える長寿企業が数多く存在するのか。いくつかの理由があげられると思いますが、その一つが地理的なもの。陸続きのために国家間の人やモノの移動が簡単なヨーロッパ諸国などと地理的な違いがあります。歴史的にも他国との接触を避けた時期があり、他国からの支配を受けた歴史もほぼありません。 それに加え日本人の勤勉性があげられます。仕事に手を抜かず、一途に打ち込む国民性。『暖簾に磨・・・・・

4月1日「親子手作り工作教室」開催
イベント

4月1日「親子手作り工作教室」開催

例年ご好評いただいております工作教室も今回で15回目を迎えます。皆様、普段は忙しくお子様と一緒に何かを作る機会も少ないのではないでしょうか?是非、この機会にご参加いただきお子様とご一緒に思い出の一品を作っていただければと思っております。沢山のご応募をお待ちいたしております。

2017年5月24日 ホームページをリニューアルしました!
お知らせ

2017年5月24日 ホームページをリニューアルしました!

ホームページをリニューアルしました。森呼吸の家をテーマに、私たちが造り続けてきた自然素材を使った家造りについてを詳しくお伝えしています。

2017年6月17日インナーガレージ付き平屋建てデザイナーズ住宅・施工事例公開
お知らせ

2017年6月17日インナーガレージ付き平屋建てデザイナーズ住宅・施工事例公開

みやき町に竣工したインナーガレージ付き平屋建てデザイナーズ住宅です。今回のデザイナーズ住宅は、なんと玄関を土間にしています。楕円を描いた部分で靴を脱いで家に上がります。

鳥栖市萱方町の宅地情報を掲載しました
お知らせ

鳥栖市萱方町の宅地情報を掲載しました

鳥栖市萱方町に66坪×3区画、75坪×1区画の宅地があります。66坪には30~52坪の2階建てが建設可能。

夏季休暇のお知らせ
お知らせ

夏季休暇のお知らせ

8月12日(土)~8月17日(木)夏季休業 8月18日(金)より通常業務

年末年始休業日程のご案内
お知らせ

年末年始休業日程のご案内

平素より格別のお引き立て賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ではございますが、弊社では以下の期間を休業とさせていただきます。 ご不便をおかけいたしますが何卒宜しくお願い申し上げます。 年末年始休業期間 平成29年12月30日(土)~平成30年1月5日(金) 平成30年1月6日(土)より通常通り営業いたします。 2017年も残すところあとわずかとなりました。 本年もひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 株式会社 江田建設

新年の挨拶
ご挨拶

新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。 日本には「笑う門には福来る」ということわざがあります。ご存知のとおり、笑っている人には幸せが訪れるという意味ですが、明るい話題が少ない今だからこそ大切なことだと思います。働く人の多くは一日の大半を仕事に費やしていますが、同じ時間を過ごすのなら、楽しく充実した時間にしたいと誰もが思うでしょう。その過ごし方を選ぶのは自分自身の心のもちようです。常に前向きな気持ちで一日をスタートさせるように意識して笑いやユーモアを日常に取り入れるだけで、明るい笑顔や大きな笑い声は、活気を与え、周りの人を元気付けることができます。 「花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根はみえねんだなあ」これは書家相田みつを氏が残した言葉です。ついつい見えない根の存在を忘れてしまう。支えてくれる人への感謝を忘れてはならないということです。私たちは、周りの人の支えがあってこそ存在しています。「自分が今ここにいるのは誰のおかげなのか」と考えると・・・

  • 1